普通に美しい、ずっと心地良い。

お問い合わせ
  • 地元の木でつくる

    素材には地元で育った天竜杉をふんだんに使います。材を直接選べるのも地元材だからこそ。「家は木組み」といわれるほど、木は重要であり、優れた大工は木の育った環境を見て使う場所を決めます。番匠では伐採前に現地で見て、触って、厳選・吟味して使用する材料を決定します。しかも必要なだけ直接調達しているため、格安です。最良な資材をリーズナブルに使う。地元密着の“番匠”だから可能なことです。
     構造材の品質をきちんと確保することは、家のつくり手の重要な作業のひとつであり、責任です。あらゆる建築材料について実施することは無理であっても、少なくとも家の構造を決める構造材についてはその製造者としっかりコミュニケーションし、緊張感のある信頼関係を結ぶことが不可欠です。

    地元の木でつくる
  • 素性のわかる天竜材であること

    番匠が使用するのは、主に南アルプスで育った樹齢70〜80年の天竜杉です。これは決して銘木志向によるものではなく、同じ遠州の気候風土を知る素材が、理想の心地よさを手に入れるための重要な要素であると考えるからです。地の利を生かし、産地直送によって流通コストを削減。また、それらの材を枝葉をつけたまま自然乾燥させる手法「葉枯らし乾燥」により、一層の強さ、美しさを引き出していきます。番匠は、素材製造者である浜松市春野町森林組合、製材業者の(有)アマノと常にコミュニケーションを図り、赤味が強く目がつんだ材を構造材に使うようにしています。
    番匠の流儀は、「素材を厳選し、かつコストを抑える」「安全性にこだわる」、そして「健康的で省エネルギー」。

    素性のわかる天竜材であること
  • 色艶と強度のための天然乾燥

    構造材の品質は、家の構造を決める重要なものです。とりわけ「乾燥」と「強度」が重要です。乾燥が不十分な材料は、変形しやすく、さまざまな不具合を生じさせます。とはいえ、無理な乾燥は強度の低下を招くこともあり、そこには適切な乾燥方法が求められます。
     番匠の構造材入荷先である(有)アマノでは、天然乾燥が主体です。過程の一部に用いられている人工乾燥も低温乾燥であり、こうした乾燥方法は木の持つ色艶を保持するとともに、強度の低下をも防ぎます。

    色艶と強度のための天然乾燥
  • 地元の自然を残す

    森は、鳥や動物、昆虫を育み、そして川や海を豊かにしています。土に豊かな養分を持たせるのも、森と水の働きです。雨を蓄え浄化し、下流を潤しています。年輪を重ねて育った森林資源は、私たちの宝物。「80年かけて育った木は、80年かけて大切に使う」という私たちの心構えは、こうした視点に発しています。自然は、過去から現在へのプレゼントです。私たちはその一部を使わせてもらっていますが、この恵みを未来に送り渡す責任もあります。番匠が伝統的な住文化を大切にするのは、現代の暮らしも自然のリズムにリンクしているべきだと思うからです。

    地元の自然を残す
  • 森を守るための取り組み

    COC認証取得

    責任ある森林管理のマーク

    番匠ではFSC®森林認証材を使用できる、COC認証を取得しました。
    (グループ認証:天龍木材協同組合)

    FSC森林認証材
     FSC(Forest Stewardship Council®、森林管理協議会)は、木材を生産する森林が適切に管理されているか、そしてその森林から切り出された木材を使って生産・加工を行なっているかどうかを認証する国際機関の一つです。FSCは、森林環境保全に配慮し、地域社会の利益にもかない、経済的にも継続可能な形で生産された木材を認証するだけでなく、このFSCのマークが入った製品を買うことで、消費者も世界の森林保全に間接的に関与できる仕組みです。平成22年3月3日、浜松市内の天竜区及び北区引佐地域の森林のうち、18,400haがFSC森林認証林として認められ、同年9月9日には取得面積が27,865ha、平成23年9月14日には36,494haと拡大し、市町村別取得面積では、日本第1位となりました。(平成24年4月現在)
    FSCジャパン
    浜松市 FSC森林認証

    百年住居(すまい)る事業
    森林環境保全と市民の健康的な住環境を守るため、天竜材で家を建てると、浜松市より「地域材利用促進事業補助金」を受けることができます。これは浜松市内で生産・加工された木材(地域材)を一定量使用した木造住宅の建築に対し、その地域材を使用する費用の一部を助成するもので、助成額は1平方メートル当たり3,000円、上限が30万円です。また、平成22年度からFSC森林認証材を使用した場合は、追加助成(10万円)も受けることができます。
    浜松市 天竜材の家/百年住居る事業(地域材利用推進事業)

    しずおか優良木材
    静岡県では、品質・寸法・乾燥・強度の品質規格基準を定めて、適合する木材を「しずおか優良木材」として認証しています。さらにこうした確かな品質の県産材の利用推進は、CO2の吸収などの森林の公益性を高めることにつながるとして、静岡県は、「しずおか優良木材」を使った木造住宅の取得を助成する「しずおか優良木材の家支援制度」を行っています。
    しずおか優良木材供給センター
    静岡県 しずおか優良木材認証制度

    森を守るための取り組み
▲このページのトップへ