普通に美しい、ずっと心地良い。

お問い合わせ
家づくりのドキュメント
  1. 1.敷地
    1敷地

    いよいよ工事の始まりです。

  2. 2.基礎(1) 砕石敷き
    2基礎(1) 砕石敷き

    基礎の下には砕石を敷きます。
    しっかりと地盤を転圧します。

  3. 3.基礎(2) ベタ基礎
    3基礎(2) ベタ基礎

    基礎が立ち上がりました。
    不同沈下やシロアリに強いベタ基礎を採用し、
    さらにはコンクリートの強度と品質にこだわっています。

  4. 4.建て方(1) 1階柱・貫
    4建て方(1) 1階柱・貫

    土台を敷いた後、貫を通しながら1階柱を立ち上げます。

  5. 5.建て方(2) 胴差し・梁・2階柱
    5建て方(2) 胴差し・梁・2階柱

    胴差し、梁を架けます。そして2階の柱が立ち上がっていきます。

  6. 6.建て方(3) 小屋梁・桁
    6建て方(3) 小屋梁・桁

    2階の貫を通し、小屋梁と桁を架けました。
    棟木も架かりました。

  7. 7.建て方(4) 屋根
    7建て方(4) 屋根

    垂木が架けられ、屋根下地が完成しました。
    この後上棟式が行われます。

  8. 8.竹小舞
    8竹小舞

    土壁の下地となる竹が編み込まれました(竹小舞)。
    左官職人の手により全て手作業で行われます。

  9. 9.土壁
    9土壁

    竹小舞に土壁を塗りました。
    しばらく天日で乾かします。

  10. 10.土壁裏返し
    10土壁裏返し

    乾燥したら裏返し塗りです。
    構造の強さを考慮し、割れや隙間を塞ぎます。

  11. 11.断熱材
    11断熱材

    土壁は調湿作用に優れていますが、
    断熱作用は現代の基準からみると劣る点があり、
    それを補うための断熱材を柱の間に入れ込みます。

  12. 12.シート、通気胴縁
    12シート、通気胴縁

    サッシを取付け、構造用合板、透湿防水シート、
    結露を防ぐ通気胴縁を施工します。

  13. 13.アングルラス貼り
    13アングルラス貼り

    外壁のモルタル下地用にアングルラスという金網を用います。

  14. 14.モルタル下地
    14モルタル下地

    モルタルの下地に、
    左官職人が風合いを調合した材料で左官仕上をします。

  15. 15.完成
    15完成

    浜松 内野台4丁目の家 施工例

▲このページのトップへ